大府市 整形外科・形成外科・美容外科|前原整形外科リハビリテーションクリニック

美容形成外科

cosmetology

医療レーザー脱毛

医師が診察、看護師が施術だから初めての方でも安心
ご存じですか?
『レーザー脱毛』には2つの種類があります。

同じレーザー脱毛と表記されていても熱破壊式と蓄熱式という2種類のレーザー脱毛があります。当院で使用するレーザー脱毛器ジェントルレーズプロは『熱破壊式レーザー』です。熱破壊式レーザーのデメリットは、パチンと弾ける様な痛みを感じる場合があります。

熱破壊式レーザーとは

熱破壊式レーザーの図
  • 高出力のレーザー照射で発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)を破壊します。
  • メラニン色素に強く反応するので濃く太い毛や剛毛に高い効果を発揮します。
  • 長期的な減毛効果があり、短期間で脱毛効果が実感できます。

蓄熱式レーザーとは

蓄熱式レーザーの図
  • 低出力のレーザー照射で毛根にあるバルジ領域(毛の生成を促す司令塔)のみを破壊します。
  • 脱毛効果に即効性はなく、脱毛効果が表れるまで時間がかかります。
  • 蓄熱式レーザーは歴史が浅いため、永久脱毛ができるかは不明です。
医療レーザー脱毛についてもっと詳しく

当院の美容外科が選ばれる理由

完全予約制・個室対応
完全予約制・個室対応

完全予約制・個室対応でプライバシーの配慮も完璧。ほぼ待ち時間なしで施術可能。

POINT
01
最新型レーザー照射機導入
最新型レーザー照射機導入

痛み・刺激が苦手な方は麻酔クリームを使用。

POINT
02
充実したアフターフォロー
充実したアフターフォロー

うちもれ時には無料照射、肌トラブル時にも無料診察を受診可能。

POINT
03
全身レーザー脱毛最安値
全身レーザー脱毛最安値

当エリア内にて全身レーザー脱毛では最安値に挑戦中!もちろん、分割でのお支払いにも対応。

POINT
04
メンズ脱毛対応
メンズ脱毛対応

当院は女性はもちろんのこと、男性の全身脱毛も可能。

POINT
05
LINE予約可能
LINE予約可能

当院のご予約は来院時、お電話だけでなく、LINEからのご予約も可能です。

POINT
06

当院の4つのお約束

約束
01
無理な勧誘は一切ありません
約束
02
表示価格以外に料金は一切かかりません
約束
03
医療脱毛のリスク、メリットデメリットは全てお伝えします
約束
04
施術は全て有資格者が行います。

医療レーザー脱毛は医療機関のみ

医療レーザー脱毛は医療機関のみで施術が可能です。
下記に医療脱毛とエステ脱毛の違いをまとめました。

医療脱毛 エステ脱毛
効果 医療用の高出力の脱毛機を使用。効果が高く、長期的な減毛が可能 除毛・減毛しかできない
通院期間 最短9ヶ月で脱毛完了 2年以上通わないと効果を実感できない場合もある
費用 5〜6回程度で完了するケースが多く、トータルで見ると安く済む場合が多い 20回以上通わなければならないケースも多く、結果的に高くなる場合がある
安全性 看護師が施術を行なうので安全 無資格の従業員が施術を行なうケースが多く、リスクが高い

レーザー脱毛機のご紹介

当院ではジェントルレーズプロ/ジェントルマックスプロを各3台保有し、
患者様の毛質・肌質・脱毛部位などに応じて使い分けています。

レーザー脱毛機器 ジェントルレーズプロ
レーザー脱毛機器 ジェントルレーズプロ

GentleLase Proは、レーザーの選択熱作用により、長期的な減毛を目的としたレーザー装置です。大口径でハイスピードなレーザー照射が可能になり、パルス幅が可変式となったことで患者さんの肌や毛質に合わせた設定で施術できるようになりました。(メーカーHPから引用)

医療レーザー脱毛にジェントルレーズプロを使用すると最短9ヶ月で全身脱毛が完了します!

ジェントルレーズプロの特徴
  • POINT 01
    ハイスピード照射なので早く施術が終わる
  • POINT 02
    肌に合わせたカスタマイズが可能なので肌荒れしにくい
  • POINT 03
    皮膚冷却ガスにより比較的痛みが少ない

レーザー脱毛器 ジェントルマックスPro

GentleMax Pro(ジェントルマックスプロ)は、レーザーの選択的熱作用により、長期的な減毛と、表在性の皮膚良性色素性疾患を目的とした医療用レーザー装置として、医療機器製造販売承認を取得しました。波長755nmと1,064nmの2波長を1台に搭載し、幅広い脱毛治療に対応します。

ジェントルマックスプロの特徴

最大の特徴は波長755nmと1,064nmの2波長を1台に搭載しています。 波長755nmのレーザー光は、メラニン色素に対して選択的に吸収されやすいという大きな特徴があります。メラニン色素を多く含んでいる毛が光エネルギーを吸収し、熱に変換されます。その熱が毛の周囲の毛包・毛乳頭部に対して拡散することで毛の組織を破壊していきます。

波長1,064nmのレーザー光は、波長が長く表皮メラニンへの吸収が少ない特徴があるため、皮膚へのダメージを最小限に抑えながら肌の深部までレーザー光を効率良く伝えることができ、効果的な脱毛治療を行うことができます。

施術の注意点

  • 二の腕・うなじ・背中はレーザーを照射した刺激で毛が太くなる硬毛化という現象が起きる場合があります。その場合通常より脱毛治療期間が長くなることがあります。
  • レーザー照射後は、毛穴の周囲に赤み(軽いやけどによる炎症)、ヒリヒリ感、かゆみ、部分的な腫れ、水ぶくれ、色素沈着が起こる場合があります。
  • 内服薬の種類によってはレーザーとの相性が悪く、炎症が強く出る可能性があります。
  • 体が温まると痒み・赤みが強くなることがあります。
  • 脱毛には個人差があります。